研究体制

やはり口に入るものなので、どのような施設で安全性・有用性に関わる研究が行われているか気になりますよね。しっかりとした研究開発を行っているメーカーをホームページなどで調べました。

 

S・S・I: 米国国立研究所などで研究開発を行っています。

動物実験、ヒト臨床試験ともに行っており、安全性が確認されています。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20412340

 

東栄新薬: 東京大学食の安全研究センター、慶應義塾大学医学部、東京薬科大学薬学部、順天堂大学医学部など多数の施設と共同研究の実績があり、研究水準は国内トップレベル。

動物実験、ヒト臨床試験ともに安全性が確認され、【ヒトに対する有用性あり】とする論文も発表されています。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18604247

 

サン・クロレラ:三重大学、菌類薬理研究所などで研究実績あり。動物実験、ヒト臨床試験ともに安全性が確認され、【ヒトに対する有用性あり】とする論文も発表されています。

 

カテゴリー: 研究体制   パーマリンク